あごに悩みがある人は美容外科であご削りの施術を受けるのがおすすめ

あごに悩みがある人は美容外科であご削りの施術を受けるのがおすすめ

あごが出ていることに悩んでいる方にはあご削りがおすすめ

指を立てる看護師

外見へのコンプレックスは人それぞれですが、中でも骨格へのコンプレックスで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。何故なら骨格はメイクでのカバーが難しい部分だからです。骨格で悩んでいる方には美容整形での改善がおすすめです。例えばあごが出ている方には、あご削りという選択肢があります。
あご削りは口の中からのアプローチが可能な手術です。顔の表面には傷がつかないので安心です。あご削りの方法としては、あごの骨の先端をバランスを見ながら少しずつ削っていく手術が一般的です。また骨の中央部分を切り離し、上下を接着させることであごを小さくする手術方法もあります。
あご削りは骨の手術になるのでその費用もお高めです。金額は手術内容によって振り幅がありますが、100万円程度は覚悟しておいた方がいいでしょう。契約前に一度きちんと払えるかどうかのプランを立ててみることが重要です。
また、手術後しばらくの間は腫れが続きますが、1週間~2周間ほどで落ち着いてきます。術後すぐは専用のバンドであごを固定しなければならないので、在宅ワークではない方はまとまった休みを取っておくのがおすすめです。
あご削りは費用のかかる手術ではありますが、それだけ価値のある美容整形です。あごの形に悩んでいる方はぜひ美容外科に足を運んでみてください。

あご削りでお悩みならまずは美容外科へ相談

あご削りでお悩みの方は多いのではないでしょうか。
あごが長いと口が尖ったような印象を与えてしまうため、機嫌の悪そうな印象を与えてしまいます。
あご削りを行うことで、口が尖った印象も減るので柔らかい印象を与え、プライベートや職場でより良い人間関係を築けます。
ではあご削りを考え始めたところで気になってくるのは、金額やリスク、またどこの美容外科がいいのかということです。
もちろん美容外科によって金額も様々ですし、全ての美容外科があご削りを行なっているということもありません。
どこの美容外科があご削りを行っており、金額がいくらほどするのか下調べをする必要があります。
次に勇気のいることかもしれませんが、まずは電話でお伺いの予約を取ります。
当然のことではありますが、美容外科では基本的に当日すぐに処置をすることはありません。
お客様のご希望を聞き、削った場合にどういう雰囲気になるかの話や、リスクの話をカウンセリングという形で行い、希望通りの形に近づくようにすり合わせて行きます。
美容外科にもよりますが、何度も行ったり長期間に渡ってカウンセリングしない限り、カウンセリングに費用を設けているところは少ないです。
ネットの情報だけでなく、まずはお近くの美容外科へ直接カウンセリングをお聞きになることをお勧めします。

フェイスラインでお悩みの方はあご削りを検討してみよう

あご削りと聞くと普段聞き慣れない言葉なので、少し怖いイメージがありませんか?実は、美容外科で行われているあご削りは、長年悩んできた人たちの理想に近づく手助けとなっています。
人間様々な姿形をしていますが、フェイスライン、特に顎の形で悩んでいる人も少なくありません。大きな顎であったり、長く突き出ていたり、自分ではどうしようもなくコンプレックスになってしまう人もいるでしょう。
そういった長年の悩みがある場合は、美容外科でのあご削りを検討してみてはいかがでしょうか。
手術の方法も近年進化し、傷跡が目立たない方法や長期入院することなく手術を終えられるなど、相談に行くと様々な心配や不安にも応えてもらえます。
またコンピューターによる画像のシミュレーションで、一人一人希望するフェイスラインをイメージできるので、術後の顔の変化も事前にきちんとイメージすることができます。そうする事で、いざ手術をしてみても、自分の思い描いていた結果と違った、というリスクを減らすことができます。
顔の形が変化すると、第一印象も大きく変わります。もしフェイスラインで悩んでいる方がいるなら、まずは美容外科へ相談に行くことを検討してみてはいかがでしょうか。

TOP